航海日誌その1:出発

拝啓 ザビエル先生

 いよいよ、今日から航海に出ることになりました。これからは頑張って宣教師を目指し、ザビエル教の布教に全力を傾けたいと思っております。今、セビリアの町には『キリスト教』なる邪教の教会しかありません。本当に嘆かわしい限りです。いつか、この教会を取り潰し、ザビエル教の教会に立て直したいと思っています。 

敬具 

 

さて、いよいよ出航だ。とりあえず、友人の『メガネ君(仮名)』と合流。

 ←メガネ君

なんでメガネ君かというと、まぁ、メガネをかけているからだ。ちなみに軍人。

 

さっそく二人で航海。

メガネ君:おい、お前の船ハエがたかってるぞ。

俺:ん?

カモメだっつーの。ハエじゃねぇよ。

 

そうこうしているうちに、別の友人から連絡が入る。

名前出しの許可をまだもらってないので、とりあえず同じ名前を持つ人物から取って、『ムガル帝国第6代皇帝』と、呼んでおく。

いや、ちょっと長いな・・・。『ムガルさん』でいいや。こちらもメガネ君と同じく軍人。

 

その高貴な名前に脊髄反射でひざまずく。ザビエル教徒は権力には非常に敏感だ。

で、三人で海賊退治のクエストに行くことに。

途中メガネ君が回線落ち。ムガルさんと近くの町の酒場で一杯やりながら待つ。

で、盛り上がってたらメガネ君が戻って来たので噂の海賊退治に出発。

 

海戦開始。

もう、ボコボコにしてやりましたよ。襲い掛かる海賊達をちぎっては投げちぎっては投げ・・・・

 

 

そんな妄想をしている難破4日目。

いやぁ、さすが海賊強いねぇ。ボコボコにやられましたわ。

 

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット