航海日誌その18:危険海域

拝啓 ザビエル先生

もうすぐインドです。

インドに向かってる途中、うっかり転寝をしてしまいましまい、気がついたら世界の南端にいました。

世界の南端には、透明の見えない壁がありました。

「それでも地球は丸かった」なんて馬鹿なことを言ってる輩もいるようですが、どうやらやはり世界の端っこは崖のようです。

敬具 

 

キノさんが大航海デビューを果たしのでさっそくSSをゲット。

あえて目を閉じちゃってるやつをチョイス。

 

冒険家ギルドで乾杯。

 

Gさんと、アフリカっぽい人がいる町へ。酒場のマスターは相変わらず元気そうだ。

槍をホンダさんへのお土産に買ってからセビリアへ。

みんなでSS。この後ペコさんも合流したのだが、うっかりSSを撮り忘れてた。5人揃うのも珍しいので惜しいことをした。

 

 

さて、こっからが本題だ。

カリカットで胡椒を集めていたところ、急に海賊に襲われる。しかし、敵は一隻・・・。なんかおかしいと思ったら・・・。

 

PC海賊キター!!!

 

しかもこの人、名前は伏せるが酒場で何度も聞いたことがある、かなり有名な海賊さん。

そもそも、俺は目の前の町で売ってる胡椒しか持っていない。そんなもんわざわざ海賊なんてしないで、自分で買えばいいじゃん・・・。

 

なーんて、野暮ったいことは言わない。正直、PC海賊に襲われるのは初めてで、おまけにこれだけ海軍に目を付けられた海賊と勝負出来る機会なんてめったにない。胸がときめいちゃって仕方が無い。勝負だ!

 

・・・と、言いたいところだが、こっちは船員3人でおまけに大砲積んでない。まぁ積んでても勝負にならないとは思うが、これは戦闘以前の問題だ。

そこで、「捕まったら向こうの勝ち、逃げ切ったら俺の勝ち」と、勝手に決める。いざ勝負!

 

 

こっちは一目散で逃げる。向こうは漕船を使ってガンガン追ってくる。流石に高レベルガレー、やばいくらい速い。おまけにこっちは商用キャラックだ。ビックリするくらいのスピード差・・・。

で・・・・

 

戦闘境界線ギリギリのところでついに捕まった。

↓ちなみに戦力差。左が俺で右が海賊さん。見よ!これが一線級の海賊の戦力だ!(何故か俺が得意げ

あーあ、ナンマンダ〜ナンマンダ〜・・・

 

 

と、思った人も多数いることだろう。

ところがどっこい、白兵開始と同時に戦線離脱!ギリッギリで逃げ切る。

 

が、問題はこの後だ。もう一回捕まったら意味ねぇ。さーってどうやって逃げるかな・・・。

と、そこでちょうどすぐ横がマップ領域の切り替え線だと言うことに気が付く。速攻で舵を切って飛び込む。これで完全に逃げ切った。

 

ちなみに、その海賊さんをつかまえて、ほんのちょっとだけ話をした。「逃げるの上手いっすねぇ」と、褒められてちょっと嬉しかったが、正直『あんたの戦力の方が全然すげぇよ』とも思った。

結論から言うと楽しかった。他の剣やら魔法で戦うゲームでPKに襲われるとなんかムカッとしたが、このゲームではあんまりそんなこと無かったなぁ。やっぱ大航海時代なんだし、危険海域では海賊に襲われて逃げ惑う人のRPも面白いね。もともとが、このゲームではPKは襲う側が圧倒的に不利な仕様になってるので、襲われた人はアイテムなんかを駆使してなんとか逃げ切ろう。

 

 

また次回会ったら勝負だ!

 

・・・最後の一文は嘘です、次回は見逃してやってください_| ̄|○

 

 

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット