航海日誌その27:決戦(前半戦)

拝啓 ザビエル先生

船員にこんなこと言われました。

 

なんで、たまにはマグロでも食わしてやろうと思い、頑張って釣ったわけです。

 

・・・頑張って釣ったわけです。

 

・・・_| ̄|○

結局、こいつで我慢してもらいました。なんか変な魚だけど、船員は喜んでました。

敬具 

 

 

商会メンバーに俺とダルクさんのイベントバトルを手伝ってもらった。

予定では3連戦。敵はと言うと・・・

一戦目:重ガレーx6

二戦目:ガレアスx1 重ガレーx5

三戦目:ガレアスx1 重ガレーx5

の予定。向こうの雑魚敵がうちの主力船より格上ってあたり、大変豪華ですな。

 

まずは、うちの鋳造担当のキノさんに大砲やら鉄板やらの準備をしてもらう。結局火力チームは全員ペリエ14門が揃うという豪華な装備が完了。さすがうちの鋳造王、いい仕事してくれちゃいますな。ちなみに戦闘前に不和さんが料理をくれた。サンクス。

 

そんな訳で、出撃メンバーを左から紹介。

左からダルクさん、ホンダさん、俺、キノさん、Gさん。ちなみに船はダルクさん、俺、Gさんはアラガレ、ホンダさんが戦闘用ピンネース、キノさんが商用ピンネースだ。何気に旗艦がガレオンなら大海戦でもそこそこいい仕事しそうな艦隊が出来上がる。

しかし、みんなが好きに突っ込んでったら速攻で負けるのは身をもって実証済みなので、きちんと作戦を立てていくことに。

 

作戦1:開戦と同時に全員外枠一杯まで逃げる。(でないと、集中砲火されて速攻で落ちる)

作戦2:ガレアス(旗艦)は後半まで手を出さない。(相手の外科と修理が凄いから)

作戦3:前半戦はホンダさん中心になるべく砲撃で重ガレーを削る。回復、統率はダルクさん中心に手の空いてる人。

作戦4:後半戦はアラガレチーム中心に白兵でけりを付ける。回復、統率はホンダさん中心で。

 

さて、そんなわけで全員遺書も書いて準備OK。

 

最初はダルクさんの重ガレー戦だ。さっそく全員ダルクさんに追尾。とりあえず、ガレアス相手にする前のウォーミングアップだ。ちなみにここで派手に負けるようならガレアス戦に勝機はない。あとはみんなが作戦通り動けるかが勝敗の鍵だ。

ドキドキしていたら戦闘開始。

・・・あれ?なんかガレアスがいる。

そう、どういう理屈か分からないが、勝手に俺の方のイベントのガレアス戦が始まる。

ウォーミングアップなしかよ・・・_| ̄|○

 

 

そして、戦闘開始と同時に見たものは・・・

後半戦へ続く

 

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット